新着情報

2019.11.26

サイバーセキュリティに関する必要な方策を推進する「サイバーセキュリティ委員会」設立

 IT産業に関わる日本最大級のIT団体の連合体「一般社団法人 日本IT団体連盟」(東京都千代田区、代表理事 兼 会長:川邊 健太郎、以下、日本IT団体連盟)は、下記のとおりサイバーセキュリティに関する必要な方策を推進することを目的とした「サイバーセキュリティ委員会」を2019年11月26日(火)に設立しました。

1.背景
昨今の情報通信技術の発展とともに、社会・経済活動のクラウド化、モバイル化、IoT化が進み、様々な産業でのデータの収集・分析・活用が行われるようになり、国民生活のあらゆる活動がデジタルに依存している一方で、情報セキュリティの脅威は巧妙化・複雑化し、サイバー空間上での脅威は質量ともに拡大しています。本格的なデジタルトランスフォーメーションが到来している中、サイバー攻撃の急増など多くの問題をIT関連団体の連合体として共有し、社会経済活動確保等の観点からその講ずべき対策や既存の取り組みの改善を目的として、日本IT団体連盟の理事である下村正洋を委員長に迎え、本連盟内に「サイバーセキュリティ委員会」を設立いたしました。
2.活動内容
(1)サイバーセキュリティ対策の促進方策の検討
(2)サイバーセキュリティを支える制度・基盤の構築
(3)サイバーセキュリティ確保に向けた国際情勢等の共有
3.今後の取組み
 「サイバーセキュリティ委員会」は、サイバー分野にかかわるステークホルダーが情報共有を図る会議やサイバーセキュリティ演習の実施を促すセミナーの開催などを通し、サイバーセキュリティ対策や既存の取り組みの改善に対し必要な方策を推進してまいります。
※詳細については別紙1を参照ください。
Copyright (C) 一般社団法人日本IT団体連盟 All Rights Reserved.